代表挨拶

代表取締役 小安芳彦

夕暮れ

情熱のサポートと笑顔の対応で外房・九十九里エリアの不動産をコンサルティングいたします。売却希望の方・住まい探しの方・土地の有効活用など、お気軽にご相談ください。専門の士業の方々や協力業者のサポートを受けながら、問題解決していきます。

 

最近は相続などで誰も住まなくなった家や土地の相談案件が多いです。査定価格のご提示、売却の段取りから残置物の撤去方法まで親身に対応させていただきます。またここ数年は事業用の土地建物にも力を入れています。

 

都心部への一極集中は避けられません。都心エリアでの業界経験をしたからこそ、地方の不動産の存在価値を常に探っています。海のある千葉県らしさを追求し、明るい不動産取引を目指します。そしてお客様が安心して取引できるよう責任をもって業務に励みます。

 

経歴:昭和43年、千葉県八日市場市(現匝瑳市)に出生。県立匝瑳高校、青山学院大学経済学部卒業後、木造ハウスメーカー住友林業(横浜支店他)に17年勤務。その後千葉にUターンし、別荘管理・レジャー施設の運営や不動産会社に勤務した後に開業。趣味は広く浅く・・・二十歳から続けているが成長鈍化しているサーフィン、水泳、ウェイトトレーニング、イタリア料理店巡り、海外旅行等。

 

近況:先日地元のビーチで日本サーフィン会のレジェンド糟谷修自さん(ハワイ在住)にお会いでき、サーフィン愛が過熱しました。今冬はセミドライスーツもオーダーし、休日はサーフィンに励みます。両姉妹とも部活のソフトテニスに熱心で、長女が高校県大会団体戦出場(2回戦敗退)、次女が中学県大会出場(3回戦敗退)~2020年11月